• ホーム
  • カンジダ菌は他人にうつるの?予防方法は?

カンジダ菌は他人にうつるの?予防方法は?

カンジダ金は、人にうつる病気ですが、健康な女性の膣内に常在する菌でもありますので普段は健康を害することはないカビの一種です。
しかし、体調が悪くなったりストレスや抗生物質などを服用したときに異常に繁殖してしまい、おりものがいつもと異なる状態になったり膣やその周りがかゆくなるといった症状が出てきます。

カンジダ菌はカビの一種ですし健康な女性の10人に1人は持っている菌と言われています。
男性でもまれに感染する人がいますが、湿気の多い場所で繁殖しすい真菌ですので男性の性器よりも女性の性器で多く見られる症状です。

性交によってうつることもありますが、先述の理由から女性から男性に移ることはそれほど多くはありませんし、カンジダを持っているのは男性より女性の方が多いですので男性側から女性に移す頻度もそれほど高くはありません。

性病として知られるカンジダは、性交によっても移ることがあるため性病の扱いになっていますが、原因は性交以外にも体力の低下やストレスによる免疫力の低下など本人の体力や免疫力などが原因になることが多いのも特徴です。

治療は婦人科で行われています。
カンジダはカビの一種ですので、真菌に効果をあらわす薬を使った治療が行われます。
膣剤やクリームなどをつかって真菌を撃退するのが主な治療法ですが、膣の洗浄も効果的です。
膣は汚れやすい部分ですので清潔にしておかないとカビが劇的に繁殖してします事があります。

清潔にしていてもうつることはありますし、性交によって男女間で移しあうことがありますのでカンジダの治療をしているときや症状があるときには性交をしないよう注意が必要です。
膣にかゆみがでたりカッテージチーズのような塊が出たらカンジダの可能性が高いですので、婦人科で治療を受ける必要があります。
生理前には特に再発しやすい傾向にありますので、性器を清潔にしたり体力を落とさない工夫をすることで、再発を防ぐことが出来ます。

カンジダ菌に感染しない予防法は?

カンジダ菌に感染しない予防法としては、カンジダ菌を持っている人との性交を避けることにあります。
男性の性器は女性と異なり空気に触れる部分が多くなっていますので、女性ほど多くの人がかかる疾患ではありません。

しかし、亀頭周辺に菌が繁殖することがありますし、菌を持っている男性と性交をすると女性が感染することがありますので、お互いにかゆみがあるときには性交をしないことが得策です。
カンジダ菌は健康な女性にも常時する菌ですが、異常に繁殖してしまうとかゆみやおりものの異常が出てくる性病です。

特に生理中や生理前にはカンジダが再発しやすい時期ですので、蒸れやすいショーツや締め付けの強いジーンズなどの着用はなるべく避けましょう。
通気性の良い洋服や肌触りの良い下着を身に着けることでカンジダ菌の温床になりやすい湿気を防止することが出来ます。

カンジダ菌は湿気の多い場所を好みますので、女性の膣内は繁殖するのに最適の場所です。
婦人科で適切な治療を受けても生理前や体力が落ちたときなどに再発することがあります。
又、風邪をひいた時などに処方される抗生物質を服用すると高い頻度でカンジダの症状が出ることがあります。

抗生物質を服用すると膣内の菌の環境に変化が起こるため、菌が異常に繁殖することがありますので、カンジダにならないためには不要な抗生物質の投与は避けることがポイントです。
病気などでやむを得ず服用する場合でも、カンジダにかかりやすいことを頭に入れておくとすぐに対処しやすくなります。

予防法としては、なるべく正規周辺を清潔に保ったり、体力が低下しないよう質の良い栄養や睡眠を心がけることが必要です。
適切な治療をすることにより、痒みやおりものの症状は改善します。