• ホーム
  • トリコモナスの治療薬は市販でも売っているの?

トリコモナスの治療薬は市販でも売っているの?

トリコモナス症はトリコモナス原虫が寄生することによって炎症を引き起こす性病です。
トリコモナス症は膣トリコモナス症と呼ばれることもあります。
これは主に女性が感染することが多く、症状として膣に炎症が起こることが多いからです。
主に性行為を感染経路とする性病ですが、他の性病とは異なり下着やタオル、浴槽などからも感染します。
トリコモナス原虫は水分のある箇所で一定期間生存することができるため、性行為がなくとも感染する可能性があるので注意が必要です。
性行為の経験のない女性や幼児も感染する可能性は十分に考えられます。

トリコモナス原虫に感染されると、女性の場合、外陰部や膣に強いかゆみや痛みの症状があらわれます。
主に膣炎症症状が起こりますが、感染者の多くは自覚症状もないため、実際に検査してみるまで気づきにくい性病です。
女性の場合、トリコモナス原虫は膣や子宮頸管に寄生します。
トリコモナス症を放置すると不妊症や早産、流産に繋がることもありますので早期治療が大切です。

妊娠中の女性が感染してしまうと、早期破水や早産を招く可能性があります。
さらに、トリコモナス原虫は、性交渉の相手からエイズの病原体を受け取ってしまうリスクを高めてしまうため注意が必要です。

一方、男性が感染すると、その症状として尿道から膿が分泌される症状や、排尿時の痛みなどの症状があらわれるようになります。
尿道炎症症状がその主な症状ですが症状がない場合もあるので注意が必要です。
男性は尿道に感染するため、排尿によってトリコモナス原虫が流される可能性があります。
男性は女性よりも症状があらわれにくいため、感染自体に気づかないまま日常生活を送っていることも少なくありません。
特に、女性の場合には自然に完治することはほとんど考えられませんので、男性女性ともにトリコモナス症の感染が疑われる場合には、できるだけ早く病院で検査をする必要があります。

トリコモナス治療薬のフラジールは通販で入手!

トリコモナスの治療にはフラジールが有効です。
フラジールはトリコモナス原虫に対して殺虫的に作用する薬です。
トリコモナス原虫は抗生物質が効きにくいですが、フラジールであれば有効に作用します。

通常、服用方法としては一回250mgを1日2回経口服用します。
内服薬だけではなく、膣に直接作用させる効果がある膣錠もあります。

フラジールの有効成分はメトロニダゾールです。
有効成分であるメトロニダゾールは副作用も少なく、トリコモナス症だけではなく、他の炎症を伴う疾患にも有効です。
フラジールという薬剤は時に副作用として胃の不快感、吐き気などを催すこともあるため注意が必要です。
血便の症状や、頻繁に下痢や腹痛が続く場合にはすぐに服用を注意し、専門医のアドバイスを受けるようにすることが大切です。
大量に、あるいは長期の服用に伴って、末梢神経障害や中枢神経障害を引き起こしやすくなります。

具体的な症状として、手足の痺れやピリピリ感、ふらつき、呂律が回らないなどの症状があらわれるため注意が必要です。
脳や脊髄に病気を持っている方は使用することができないことがあります。
また、肝機能障害がある場合には、血中濃度が上昇しやすくなりますので慎重に用いる必要がある薬です。
アルコールと併用すると、悪心・嘔吐・腹痛・頭痛・動悸・紅潮といった症状が強まる可能性があります。
フラジールは、トリコモナス原虫に対して殺虫的な効果がある薬ですが、自分だけの判断で服用を止めてしまうと再発する可能性があるため注意が必要です。

通常、フラジールの服用を開始してから完治までに10日程度の期間を要します。
用法用量を守り、服用期間をきちんと守りましょう。