• ホーム
  • 性器クラミジアの症状とは?男女別

性器クラミジアの症状とは?男女別

性器クラミジアは、日本国内に100万人以上の感染者がいるとされる最も感染患者数の多い性病であり、真正細菌クラミジア・トラコマチスに感染する事が原因で発症します。
性器クラミジアは、1回の性行為で約5割の高い確率で感染する性病とされ、感染から1週間~2週間程度の潜伏期間を経て発症しますが、男性患者と女性患者では発症後の症状が大きく異なります。

男性の感染患者は、感染から1週間~2週間程度で尿道に繁殖したクラミジア・トラコマチスが炎症を引き起こし尿道炎を発症し、透明色から白色の粘着性の無い漿液性の膿の排出や、熱感を伴う排尿痛などの自覚症状が発症します。
性器クラミジアは、病原菌が尿道から前立腺や精管、精巣上体、精巣まで上行感染してしまう感染患者も多く、前立腺炎や精管炎、精巣上体炎、精巣炎の発症リスクがあります。
男性は、尿道炎や前立腺炎など発症初期に自覚症状があり、精巣上体炎や精巣炎も高熱や堪え難い痛みなどの症状が発症するので重症化する患者は女性に比べて少ないとされています。

女性の感染患者は、発症原因とされるクラミジア・トラコマチスが膣や子宮頸管部の粘膜に繁殖し膣炎を発症しています。
オリモノの量や匂い、色などの変化に加え、性交痛や不正出血、重い生理痛などの自覚症状がありますが、生理不順と考えて見逃してしまう感染患者が多くいます。
女性は、約80%の感染患者に自覚症状が無く重症化するケースが非常に多く、膣や子宮頸管部から子宮や卵管、卵巣へ上行感染した病原菌が子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎を発症させるリスクが高くなります。
卵管炎は、卵管の閉塞や癒着を引き起こすリスクが非常に高く、女性の不妊症の原因となるケースがあります。
性器クラミジアは、更に重症化すると各臓器を包んでいる腹膜にも感染してしまい癒着や炎症を引き起こす骨盤内炎症性腹膜炎や肝臓を包む皮膜に炎症を引き起こす肝周囲炎の発症リスクが高くなります。

クラミジアの検査内容とは?

性器クラミジアの検査は、一般的に性病科や泌尿器科、産婦人科で受診する事が出来ますが、近年のオーラルセックスの流行により口腔内や咽頭部に性病の症状が発症する患者が多く耳鼻咽頭科で検査を受診する患者も増加しています。
性器クラミジアの検査は、男性患者は尿や尿道の粘膜、膿を検体としますが、女性患者は子宮頸管部の粘膜やオリモノなどの膣分泌物を検体としてクラミジア抗体検査EIA法や遺伝子検査拡散増幅法などによって感染の診断を行っています。
クラミジア抗体検査は、感染患者の血液中でクラミジア・トラコマチスに感染した細胞を抗原として結合する免疫グロブリンA抗体や血漿中に最も多いグロブリンG抗体を抗原抗体反応により検出し感染の有無の診断を行います。
遺伝子検査検査核酸増幅法は、SDA法やTMA法、リアルタイムPCR法などにより検体に含まれるクラミジアの遺伝子を増幅して感染の診断を行います。

性器クラミジアの検査は、性病科や泌尿器科などの専門の医療機関で受診する事が出来ますが、保健所や自治体が定める検査施設でも受診する事が出来ます。
保健所や自治体の定める検査施設では、HIVや梅毒などの性病と合わせて感染の診断を無料で受診する事ができるだけで無く、専門の医療機関の様に氏名や住所を申告する必要が無く匿名で受診する事が可能です。
保健所や自治体の定める検査施設での無料検査は、月に2回~4回行われていますが、検査日や会場によって検査方法や人数の上限などが異なるので事前に調べておく必要があります。
また、匿名で検査を受診しているので郵送や電話による結果の通知が不可能なので、1週間~2週間後に再び会場で面談形式で検査結果を聞く必要があります。
現在では検査日当時に結果が判明する検査法を導入している保健所も増えています。