• ホーム
  • 淋病の治療は点滴で治る?

淋病の治療は点滴で治る?

淋病(淋菌感染症)は淋菌による感染症で、男性は主に尿道炎、女性は子宮頸管炎を引き起こします。
淋病の原因となる淋菌は高温にも低温にも弱いため、淋菌が増殖するためには酸素が少なく、二酸化炭素が多い環境が必要となります。
そのため、淋菌は通常の環境では生存できないという特徴があります。
このような特徴があるため、淋病は性行為を通じて感染する性病であると言えます。

通常の性行為だけではなく、アナルセックスやオーラルセックスによっても感染する性病であるため注意が必要です。
淋菌に感染して淋病となると、男性は尿道のかゆみ、排尿時の痛みや灼熱感を感じるようになります。
女性の場合、おりものの量が増加する、不正出血や下腹部痛のような症状があらあわれます。
女性の場合、男性と比べて無症状であることが多いため、感染に気づかず、症状が重症化してしまいがちです。

淋病の代表的な治療方法としては注射(点滴)による治療と内服薬による治療があります。
抗菌薬に耐性を持った淋菌の場合、注射によって薬剤を注入しても治療効果が出ない場合もあるため注意が必要です。
実際、淋病の耐性菌は増加傾向にあるため注意が必要です。

先にも説明した通り、淋病は淋菌と呼ばれる細菌に感染することによって発症する性病です。
そのため、原因となる淋菌を駆除することができれば、淋病は完治したということができます。
逆に言えば、淋菌に感染してしまうと、自然に治癒することはないと言えます。
淋病の治療は注射による治療と内服薬による治療がありますが、抗生物質の血中濃度が高くなれば淋菌の増殖を抑えることができます。

注射(点滴)による治療は病院で行わなければなりませんが、内服薬の場合は家で服用することができるというメリットがあります。
自分の環境に合わせて治療を選択するようにすることが大切です。
尿道炎や子宮頸管炎に対しては点滴か静脈注射が行われるのが一般的です。
症状に合わせて注射(点滴)の箇所も変わってきます。

淋病の治療は注射の他に内服薬がある

淋病は自然治癒する性病ではありません。
淋菌は放置すると悪化する一方であるため、症状が悪化する前に早急に病院で検査を行い、治療を行うことが大切です。
淋病の場合、身体から淋菌を死滅させる必要があります。
そのため、淋菌が死滅するまで治療を続けるようにすることが大切です。

病院で治療してもらうと、検査を行った後、注射(点滴)による治療が行われることが一般的です。
注射(点滴)は一回行うだけで非常に高い効果を得ることができるというメリットがあります。
注射の他に内服薬による治療もありますが、内服薬の場合、完治する前に患者さん自身が治ったと勘違いしてしまい、内服薬の服用を止めてしまった結果、淋病が再発してしまう可能性があるため注意が必要です。
淋菌は血中の抗生物質の濃度が高ければ高いほど効果があります。
そのため、病院では点滴や注射が第一選択の治療として採用されています。

注射ではなく内服薬も同様の高い効果を得ることはできます。
注射と内服薬を併用することもでき、症状に合わせて治療を行うことが大切です。
淋菌に感染している場合、他の性病に感染していることもよくあることから、淋菌に対する抗生物質の他に、他の性病に対する薬剤が同時に投与されることもあります。
淋病は点滴や注射であれば、ほとんど一回の治療で完治させることができる性病です。

内服薬で治療する場合には、しっかりと服薬規則を守り、最後まで薬を飲みきることが大切です。
内服薬を服用し終わって症状が治まったとしても、飲み薬の場合には、もう1度確認の検査をする必要があります。
なぜなら、内服薬を服用した結果として、淋菌が死滅しているかどうかを確認しなければならないからです。
淋病の治療のためには、複数の選択肢があることをしっかりと認識し、自分に合った治療を行うことが大切です。